« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

家庭菜園

実家では親が庭で野菜を作っていましたが、私は全く興味がありませんでした。

こっちに来て急に「プランターで作ってみようかな~」って気になり、近所の軽微なホームセンターに見に行っていたのですが、さっぱり分からない!

この前実家に帰った時に聞くと、赤土中玉5kg、腐葉土3kg、マグアンプ一掴み、の配分が一番いいと教えてもらいました。

しかもプランターは大きな物だと重くて持てなくなってしまうので、100円ショップで一番大きくて深いのを何個か買うのがいいと言われ、その通りだと思い買ってきました。




さて、土。

培養土なるものにしようかと悩みましたが、教えてもらった通りのにしようと全部買って混ぜました。

大きな容器がないので紙袋に入れては混ぜ、大変でした。

庭の土を見てきているものですから、こんなんで土って言えるのかな?と思うような土をプランターに入れ、ちょっと肥料も混ぜて作りました。




次、種まき。

青シソとサンチェを作りたかったのでその種。

ミニトマトもプランターで作れると聞いたので1本だけ苗を買いました。

ラディッシュも面白いかもよ、と種をもらったのでそれも。

植木鉢は4つ買ったのでそれぞれに一種類づつ植えました。



さあ、生るのかな?

P1040910_2

土が余ったのでついでにダンボールで生ゴミ処理をする容器を作ってみました。

虫が湧かずにできるって本当かな…。

P1040913

| | コメント (0) | トラックバック (1)

再び戦いを挑むも…

夫が会社で恐ろしい情報を入手して来ました。

「ラーメン二郎は本店じゃなく神保町がうまいらしいよ!」

ラーメンは大好き!大好きだけどあの超重い二郎を短期間で行くとは思いもよらなかった…。





前回の失敗を思い今回は朝食を抜き、11時の開店にあわせ10時に行列に並ぶため紫外線対策もバッチリ施し、待つこと1時間半くらい。

今回こそ食べきれるベストサイズを!!

小ラーメン麺少なめ、野菜も少なめ、ニンニク入れて。

心にそう決めていたのに本店と微妙に違うところどころにアワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

前の人が麺の大きさを聞かれ、「小」と答えているので私も「小」と。

店員さんに「女性のお客さん、麺少なめにしますか?」と言われなければまた前回の愚を冒すところでした。

野菜を少なめにしてもらうタイミングを今回も掴めず、結局大盛り。

隣のオードリー若林似のキュートなサラリーマンが「ニンニクは?」と聞かれているのに「野菜マシマシニンニク抜きで」と答えていて、そのタイミングで言うのか~と学習しました。

彼は私の前に並んでいた人で、身長も私と同じくらいのキュートな人でしたが「小ラーメン(普通のラーメン屋さんの大盛り)野菜マシマシ(大盛り野菜さらに大盛り)」をたいらげるのですね。さすが男の子。

つか、先に席に着いた彼より私の方が先にラーメンが出てくるってどういうこと?彼の方が早ければ野菜を少なめにしてもらう方法が分かったのにー。

店内にはさらに「カラメ」なる単語も…。なんでしょう、味を濃くってことでしょうかね。






今回はチャーシュー麺にすることなく普通のラーメンです。

チャーシューは1cmくらいの大ぶり一枚。一枚とはいえ満足でかさです。

後はひたすら戦うのみ!

ガツガツ、という表現がピッタリの食べ方で無心に食べ進め、「撤退する勇気」という言葉が今回も頭を過ぎった瞬間、丼底に沈んでいたもう一枚のチャーシューを発見。

肉食の私ですが、「うげ!shock」と内心泣きそうになりました。

今回も残してしまいました。麺が少なめだった分前回よりは罪悪感がちょっと軽かったのですが、やはりごめんなさい気分のまままた逃げるようにお店から出て来ました。

自分の事で精一杯だったのですが、うちの旦那さんは「小ラーメン豚ダブル」にしたらしく、完食はしたものの「もう二度とダブルにはしない!普通の小ラーメンで行く!」とまたゆっくりしか歩けなくなっていました。



なんなんでしょう、ラーメン二郎。

写真を撮るどころの余裕はないので文章のみで申し訳ないのですが、このボリュームで650円。

怖過ぎです。

家に帰っても疲れ切って午後は何もする気が起きず、二人揃って夕ご飯を食べる気にもなりませんでした。

今日の食事らしい食事は「ラーメン二郎」のみ。

後はチョコとお茶と牛乳とさくらんぼを気が向いた時にちょこちょこと。

しかもお腹を壊しているところを見ると油にやられたのかもしれません。

その後の予定と食欲まで奪う食事とはいったいなんなのか。

2回食べてみて確信しましたが、このラーメンは好きじゃない!

本店のトロトロに煮込んだ味付けチャーシューを白いご飯で食べたいとは思ったけどもうこのラーメンはいいや。

旦那もさすがに「もう二度と行きたくない」と言っているけど…食欲が戻ったらまた行くって言い出すんだろうなぁ。

そして私も行っちゃうんだろうなぁ…。

なんだか嫌い嫌いと思っているのに何故か惹かれてしまう全く出会ったことのないタイプの男性みたいな感じかしら…。

はまりたくないなぁ…typhoontyphoontyphoon

| | コメント (12) | トラックバック (0)

うちのご近所

友人からメールでうちの近所がテレビでやってるって教えてもらいました。

テレビ東京、アド街ック天国。

初めて見たので最初、「わー!ここ、うちから1分だー!」とか「このスポーツセンター、道路挟んだ向かいだー!」とか「もしかしたらうちの近所でツッチーを見れるのか?」とか大騒ぎしていたのですが、その町の名物を紹介する番組なんですね。

急ぎメモ帳を用意し、お食事処をmemopencil

なにげに目にしていた近所のお肉屋さんやそば屋が侮れないんだと驚きました。

伝統工芸や職人の技に感心するも食を愛する私のメモ帳には食べ物屋しか連なりませんでした。

なんだか工場が多くてゴツイ町だと思っていたらものづくりのすごい所なんだと改めて感服し…遅いか。





お肉屋さんのお弁当と、カレー南蛮と、海鮮丼と、カツサンドと、豚丼と、もつ火鍋、どれから行こうかな~notenote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

二郎の洗礼

先日行ったけど休みだったラーメン二郎。

鉄は熱いうちに打て的に食べたいと思ったら時間を置かないということで今日行ってきました。

三田本店に昼時炎天下の中1時間30分待ちました。


並んでいる間に『初心者の為の二郎の食べ方』なるサイトで熱心にお勉強。

ジロリアンという名が付くくらいコアなマニアが存在するラーメン二郎、いろいろ決め事があるようです。

まずラーメン小とラーメン大を選ぶのですが、ラーメン小は普通のラーメン屋の大盛りくらい。

…普通のラーメン屋の大盛りが「ラーメン小」?ラーメン大はどうなるの?

次に野菜。「野菜少なめで」と言わないとそりゃ大量の野菜が乗ってくるようです。ご他聞にもれず「野菜少なめ」は普通のラーメン屋の野菜より多いようです。

トッピングも癖があるようで「ニンニクどうしますか?」と言われたらニンニクだけじゃなく、常連は他にも何か言うらしいですがよく分からず覚えていません。





ラーメン小、野菜少なめ、ニンニクトッピング、で行こうと心に決めいよいよ食券の券売機のところまで来ました。

あるメニューは6つ。「ラーメン」「ぶたラーメン」「ぶたダブルラーメン」「ラーメン大」「ぶたラーメン大」「ぶたダブルラーメン大」

店舗によって違うようなので、ラーメンがラーメン小なのでしょう。

1時間半も待っている間に期待も高まり、胃の調子もすこぶる良い。

チャーシュー麺など頼んだこともないけどせっかく(?)なのでここは「ぶたラーメン」で行くことにしました。旦那は「ぶたダブルラーメン大」




席が空くまでに食券を店員さんに見せ、席に着くと同時に「ニンニクどうしますか?」

来た!「お願いします!」

途端に豚油でギタギタな丼が出て来ました。

多少の汚さはあんまり気になりません。

あれ?野菜は?有無を言わせず大量です。お昼時、イチイチ聞いている暇はないのかもしれません。

1.5cm厚、一口では入りきらない大きさのとろとろ豚バラが6枚くらいドカンと入っています。チャーシュー麺の想像を遥かに凌駕する存在感。

隣をチラッと見るとさらに倍。こぼれんばかりの野菜で見えないけど麺も倍。多分丼も大きいのでしょう。ううう。




山岡屋ラーメンの「うどんか?」と見紛うばかりの太い麺を彷彿とさせる極太麺と格闘しながら必死に無心で食べ進める私に隣の旦那が突然、「撤退する勇気も必要だ」と。

見ると丼に具がまだ残っている状態で苦しそうな旦那。初めて見た。

その言葉を聞いて初めて限界に来ている自分に気付き、後は「撤退する勇気も必要だ」が頭にこだまする中、一口二口と食べたがやはり限界は超えられない!

カウンターに丼を返しながら「ごめんなさい!ご馳走様でした!」と逃げるように店を出ました。

やはり大盛りラーメンチャーシューごってりは私には食べられないのだ。






店を出て、行列の横を通りながら「悔しいなぁ、二郎を甘く見てたかな~」と歩いていると後ろから「早いー」の旦那の声が。

限界を突破しまだ詰め込んだ結果、いつもの速度で歩けなくなっていました。

ちょっとした段差もツライ、お茶すらもう口に入らない、立ってるのもツライが座るのも怖い、あと1週間は豚肉は受け付けないであろう、でも感想は言いたい。

旦那までとはいかないけど胃袋いっぱいになって苦しい苦しいと言いながらなんだかベラベラしゃべっていたなぁ。その辺、女なのか?

炎天下の中の1時間半の行列も何の試練なんだって感じだったけど、丼の中身に衝撃が強過ぎた。



うまく表現はできていないけど美味しかった。3回通ったらジロリアンの気持ちが分かるらしい。「二郎はラーメンにあらず、二郎という食べ物だ」という名言があるように、確かにラーメンと印象が違う。

そして何よりどんなレジャーよりもなんだか楽しかった!

次に行く時は「ラーメン小、麺・野菜少なめ、ニンニクは絶対入れて!」で決まり。

でも豚油にやられた今は次の事は考えたくない…。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

らぁめん 丸

ある番組で『ラーメン二郎』にはまった人たちのことをジロリアンというそうです。

こちらにあるチェーン店で、リピーターが付くくらいだから美味しいのだろうなぁ、と今日、行ってきました。

休みでしたcrying

三田駅で降り、「ここが慶応大学か~shine」と上ばかり見上げ、着いてみるとシャッターが…。

張り紙もしていないので休業なのか、もう売切れてしまったのかは知りませんが、とにかく食べれなかったdown

でも気持ちはすっかりラーメンになっているので三田駅まで戻って適当なラーメン屋にでも入ろうと探しました。

最終日とはいえ連休だからか、昼だからかあまり空いている店がありません。

その後、2軒ダメで諦めてお蕎麦でも…と思ったら路地裏の目立たないところにのぼりが!

『らぁめん 丸』

並んでいる人もいて、先に注文を受けているおっちゃんはメニューにない独特な言い方、常連と見た!

駅近とはいえあんだけ目立たないところで常連さんがいる、期待してしまいます。




カウンター7席しかない若い夫婦2人でやっているこざっぱりとした店。

超私好みでしたheart01

魚の粉の味がして、油もそんなに多くなく、細麺。

札幌にいた頃『こぶし』という東区にあるラーメンが一番好きだったのですが、そこの味を思い出して嬉しくなりました。




ラーメン二郎は残念でしたが、思わぬ収穫に大満足でしたshine

| | コメント (4) | トラックバック (0)

映画

映画の日の昨日、マイレージマイライフ、観てきました。

先週今更ながら火がついて、ぎりぎりでアバターを観に行ったのに、今週もまた。

映画づいています。


マイレージ・マイライフもアバターも面白かった!

マイレージ・マイライフ、私は前から観たかったんですが、江頭2:50さんをこよなく愛する旦那がえがちゃんのネットテレビの1コーナーでこの映画を取り上げていて興味がわいたようで付き合ってくれました。

正直言って旦那とはまったく趣味が合いません。

私の全然知らない世界の番組を見てぶひゃぶひゃ笑っていて、それを後ろで見ていて「こんな世界もあるんだな~…」と思う毎日です。

だからと言って一緒に面白がるような内容の番組ではないのですが…。



なので、一緒に映画にいっても私が面白いと思うものは面白くないんじゃないかと思っていたのですが、意外に同じようなところが面白いんだと分かりました。



アバターも然り。

アバターに至っては現在の米軍の戦略まで語りだし、やっぱりちょっと違うものが見えているんだなと思いました。



しかし東京の映画館は客席が軽くしか段差になっていないので前の人の頭で字幕が見えないーcrying

ちょろちょろ動いてしまい後ろの人は迷惑だっただろうなぁ…。

札幌の映画館もそうだったっけかな?あまり映画館で映画を観たことがなかったことに今気付いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »