« らぁめん 丸 | トップページ | うちのご近所 »

二郎の洗礼

先日行ったけど休みだったラーメン二郎。

鉄は熱いうちに打て的に食べたいと思ったら時間を置かないということで今日行ってきました。

三田本店に昼時炎天下の中1時間30分待ちました。


並んでいる間に『初心者の為の二郎の食べ方』なるサイトで熱心にお勉強。

ジロリアンという名が付くくらいコアなマニアが存在するラーメン二郎、いろいろ決め事があるようです。

まずラーメン小とラーメン大を選ぶのですが、ラーメン小は普通のラーメン屋の大盛りくらい。

…普通のラーメン屋の大盛りが「ラーメン小」?ラーメン大はどうなるの?

次に野菜。「野菜少なめで」と言わないとそりゃ大量の野菜が乗ってくるようです。ご他聞にもれず「野菜少なめ」は普通のラーメン屋の野菜より多いようです。

トッピングも癖があるようで「ニンニクどうしますか?」と言われたらニンニクだけじゃなく、常連は他にも何か言うらしいですがよく分からず覚えていません。





ラーメン小、野菜少なめ、ニンニクトッピング、で行こうと心に決めいよいよ食券の券売機のところまで来ました。

あるメニューは6つ。「ラーメン」「ぶたラーメン」「ぶたダブルラーメン」「ラーメン大」「ぶたラーメン大」「ぶたダブルラーメン大」

店舗によって違うようなので、ラーメンがラーメン小なのでしょう。

1時間半も待っている間に期待も高まり、胃の調子もすこぶる良い。

チャーシュー麺など頼んだこともないけどせっかく(?)なのでここは「ぶたラーメン」で行くことにしました。旦那は「ぶたダブルラーメン大」




席が空くまでに食券を店員さんに見せ、席に着くと同時に「ニンニクどうしますか?」

来た!「お願いします!」

途端に豚油でギタギタな丼が出て来ました。

多少の汚さはあんまり気になりません。

あれ?野菜は?有無を言わせず大量です。お昼時、イチイチ聞いている暇はないのかもしれません。

1.5cm厚、一口では入りきらない大きさのとろとろ豚バラが6枚くらいドカンと入っています。チャーシュー麺の想像を遥かに凌駕する存在感。

隣をチラッと見るとさらに倍。こぼれんばかりの野菜で見えないけど麺も倍。多分丼も大きいのでしょう。ううう。




山岡屋ラーメンの「うどんか?」と見紛うばかりの太い麺を彷彿とさせる極太麺と格闘しながら必死に無心で食べ進める私に隣の旦那が突然、「撤退する勇気も必要だ」と。

見ると丼に具がまだ残っている状態で苦しそうな旦那。初めて見た。

その言葉を聞いて初めて限界に来ている自分に気付き、後は「撤退する勇気も必要だ」が頭にこだまする中、一口二口と食べたがやはり限界は超えられない!

カウンターに丼を返しながら「ごめんなさい!ご馳走様でした!」と逃げるように店を出ました。

やはり大盛りラーメンチャーシューごってりは私には食べられないのだ。






店を出て、行列の横を通りながら「悔しいなぁ、二郎を甘く見てたかな~」と歩いていると後ろから「早いー」の旦那の声が。

限界を突破しまだ詰め込んだ結果、いつもの速度で歩けなくなっていました。

ちょっとした段差もツライ、お茶すらもう口に入らない、立ってるのもツライが座るのも怖い、あと1週間は豚肉は受け付けないであろう、でも感想は言いたい。

旦那までとはいかないけど胃袋いっぱいになって苦しい苦しいと言いながらなんだかベラベラしゃべっていたなぁ。その辺、女なのか?

炎天下の中の1時間半の行列も何の試練なんだって感じだったけど、丼の中身に衝撃が強過ぎた。



うまく表現はできていないけど美味しかった。3回通ったらジロリアンの気持ちが分かるらしい。「二郎はラーメンにあらず、二郎という食べ物だ」という名言があるように、確かにラーメンと印象が違う。

そして何よりどんなレジャーよりもなんだか楽しかった!

次に行く時は「ラーメン小、麺・野菜少なめ、ニンニクは絶対入れて!」で決まり。

でも豚油にやられた今は次の事は考えたくない…。

|

« らぁめん 丸 | トップページ | うちのご近所 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

撤退する勇気が必要なくらいすごかったんだね、二郎は。
恐るべし、ラーメンは奥が深いね。

投稿: ヨンミナ | 2010年5月10日 (月) 21時38分

そんなに食わせてどうするの!?
いや、どうしたいの二郎!!

そしてふつうよりでかいと予習しておきながら
「ぶたダブルラーメン大」を頼む旦那さんにカンパイ(*゚∀゚)=3 ムッハー!!

投稿: こばやし | 2010年5月11日 (火) 14時17分

ヨンミナさん

「撤退する勇気も必要だ」とは何かで聞いたことはあるが、最前線にいる兵士でもあるまいし、実際自分で経験するなど思いもしないじゃない。
恐るべし二郎!

投稿: どど子 | 2010年5月12日 (水) 22時06分

こばやしさん


二郎本店があるのは慶應義塾大学の目の前。
腹の減った貧乏学生(慶応で?)に腹いっぱい食わせてやりたい!ってオヤジの野太い気骨ではないでしょうかshine
とにかく成人男性の胃袋をガッチリつかんで放さないお洒落とはかけ離れた雰囲気がありました。


うちの旦那はお腹を見ても分かるとおりの大食漢。
外食は必ず大盛りですのでいけると思ったのでしょうね。
帰り道、二人で「二郎を甘く見てたな~」と反省会をしましたよ。

しかし…甘く見てはいけない食べ物って…。

投稿: どど子 | 2010年5月12日 (水) 22時18分

貧乏学生?
慶応で?
うけたhappy01

撤退する勇気も必要なのは
エベレストだかチョモランマだか
登頂間近で断念するときの
言葉ではないかしら。
どうかしら。

投稿: こばやし | 2010年5月13日 (木) 11時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284690/34594191

この記事へのトラックバック一覧です: 二郎の洗礼:

« らぁめん 丸 | トップページ | うちのご近所 »